RECOMMEND
ねえ、知ってる?
ねえ、知ってる? (JUGEMレビュー »)
井上 由理, Chandra(Yuri)Lam
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Chibimaru's Blog

8匹の猫と2匹の犬のお話など・・・
<< 灰二にストラバイト結石 | main | スイブルスイパー頼んじゃいました。^^; >>
灰二、おしっこが出る
0
    昨日の夜、病院から帰ってきた灰二くん。


    カテーテルを入れてオシッコを取って膀胱洗浄なんてされたので、ちょっと気持ち悪かったようで、帰ってきてからしきりにナメナメしてました。

    帰ってからはホットカーペットの上で、ぬくぬくしながら爆睡。
    10時頃、ぬくっと起きたと思ったら、ゴクゴクお水を飲んで、(^_^)v
    12時過ぎにトイレへ。

    そして、無事、いつもの通り、灰二のおしっこが出ました。わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪
    昨日から今朝までは繰り返しトイレに入ることもありませんでした。

    今日、帰宅してお腹を触って張っていないかチェックしてみましたが、問題なさそうです。
    夜、トイレチェックしたいと思います。
    (うちは多頭飼いなんで、お留守番中のおしっこチェックができないんですよね。(^^;;)


    (灰二父ちゃんを気遣う(?)クリン)


    統計的に尿路閉鎖は去勢した若いオス猫さんが多いらしく、特にストラバイトは7歳以下の発症率が高いみたいなので、灰二はそれにドンピシャ当てはまります。(^^ゞ

    それプラス、特に今のように寒い季節はお水を飲む量が普段より少なかったりするから、泌尿器系のトラブルって多いんですよね。

    犬の結石は石状なので尿道に詰まったとしても、まだ石を掻い潜ってポタポタ出ることも多いのですが、猫の結石は砂状なので詰まると、急に出なくなりますから要注意です。^^;

    結石はちびまる君の時に嫌っていうくらい悩まされましたが、灰二の体質がちびまる君のようでなければいいんですけどね。(^^ゞ
    s/dで様子が落ち着いてくれることを祈るばかりです。
    (ヨークシャのちびまる君はs/dを食べても全く効果がでないタイプの子でした)

    でもね〜(^^ゞ
    尿検査ではちびまる君同様、ph値は「6」で正常値だったので、尿phがアルカリに傾かなくても石化しやすいタイプかもしれないんですよね。
    そうなると、尿のph値を酸化に傾けることでストラバイト結石しないようにするs/dを食べても、あまり意味がないかもしれません。
    昨日はとりあえず2kg袋をお願いしたのですが、よくよく考えると・・・缶詰とドライフードの違いがあってもs/dはs/d。
    マズいのは変わりないと思うので(爆)、朝、500g×2袋に変更してもらうように電話を入れました。

    ちびまる君の時に療養食ではとても苦い思いをしているので、私、療養食というものをあまり信用していないというか、ちょっと偏見を持ちすぎてる節があります。(^^ゞ
    傾いた考え方は危険が多いので、改めないといけないとはわかってるんですけどね。

    しっかし・・・
    オス犬、メス猫のカテーテルは経験済みですが、オス猫のカテーテルは今回、初めて。
    先生もやりにくいでしょうね。(^_^;)

    頭の方を私が、後ろ足をAHTさんが補ていして入れたので、じっくり観察するはできなかったのですが、横目で見ていても「やりやすいって分類には入らないよね。^^;」って思いました。(爆)

    灰二はとってもいい子なんで、暴れることも蹴ることも噛むことも爪を出すこともしませんから、先生やAHTさんも、比較的やりやすかったと思いますが、これが飼い主さんも手に負えないタイプの子だったら・・・・

    オリャァ!! (=^・Д・^=)ノ ☆)><)センセイ

    なんて目に先生があっていたかもしれません。
    診療拒否なんて言われたりして。_(T▽T)ノ彡☆ばんばん!

    それか「危険なので、麻酔しないとカテーテルなんて入れられません」なんてことになったりちて。
    猫さんは犬さんと違い、特に躾などは必要ないと思いますが、飼い主さんが自分ちの猫をコントロールできるようになっておくことは大切だと思いますから、日頃のコミュニケーションはやはり重要ですよね。

    必要以上に麻酔を嫌がってるわけではありませんが、麻酔なしでもおとなしく処置できるのであれば、麻酔がないことに越したことはありませんから。

    あと、病院での排尿方法は他に圧迫排尿があるようですが、うちではまだ経験がありません。
    感覚的には膀胱での尿の状態を調べるのであれば、直接、カテーテルで取った方がより確実に把握できるんじゃないか?って気はしてますが。

    さて、昨日のおまけ話をひとつ。(^^ゞ
    うちは猫たちを病院に連れていく時はいつも洗濯ネットに入れて、バッグに入れるようにしています。
    病院で暴れて危険!・・・プププッ(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!

    という理由からではなく

    ネットに入った方が猫たちがよりおとなしくなるし、おとなくしくなるということは猫たちにとっても楽かな?ということと、万一、バッグの蓋が予期せぬことで開いたとしても、飛び出していく危険がないことからあえてネットに入れています。

    昨日も灰二をまずは洗濯ネットに入れ、次にバッグの中へ・・・と思ったら、クリン用の猫用バスケットが目の前にありました。
    先日、灰二がすっぽりはまっているのを見ていたので

    「ちょっと、窮屈かもしれないけど、今日はこれで行くか?」
    と灰二を入れて、蓋を閉めようとしたら・・・・

    蓋が閉まりませんでした。きゃははは(o_ _)ノ彡☆ポムポム☆ミヽ(_ _o)

    一応、灰二も猫なんですけどね〜
    篭にはすっぽり入るけど、蓋が閉まらないとは・・・(;´д`)トホホ
    一般的に猫の標準サイズってちぃちゃん(3kg)程度ってことでしょうか?
    うちではちぃちゃんは超チビ扱いなんですけどね。(爆)



    クリン:「灰二父ちゃん・・・大丈夫でちか?ボク、心配でち」



    (上:灰二 下:茶太郎)


    茶太郎:「うちの灰二が心配かけましたにゃ。灰二に変わっておわびするだにゃ」
    | 灰二 | 20:15 | - | - | - | - |